口臭予防

MENU
 

貴方、胃腸が荒れていて胸やけがあるでしょう。こういうと、相手は驚きます。

 

これは聞と言って、相手の匂いで体調を見る東洋医学の技法です。口臭と言うと口腔内で不衛生なことが起きているというイメージが強いでしょう。でも口臭対策は胃腸のことも考えないといけません。口とつながっていますから。

 

口臭が酷いと悩む方にはクローブ、カルダモン、ジンジャー、シナモン等のスパイスと牛乳をたっぷり入れたチャイをお作りします。

 

クローブやカルダモンは古くから口臭対策に使われてきたスパイスです。牛乳は胃粘膜を保護します。他にもハーブティの配合をすることもあります。口臭対策のサプリメントにはローズ系のものが多いです。

 

全身から香るようにするガムもありますね。緑茶がいいという方もいますが、ケースバイケースです。虫歯などがある場合は抗菌作用があるのでいいのですが冷えますし、トイレが近くなります。

 

口臭の要因は口の中にいる菌や胃腸の不調など様々です。代々家に伝わっている口臭対策があります。梅干しの塩分濃度が高いものを口に含む、こうすると唾液が出てドライマウスが解消されます。

 

乾燥していますと匂いが強くなります。後は大根おろしを食事のとき食べる、アミラーゼなどの消化酵素が入っていますので、胃腸の働きが良くなります。

 

他にガムを噛むことでも、口臭は軽減されます。噛むということによって唾液も出ますし、脳の動きも良くなるのです。それによって自律神経が整い胃腸の働きが良くなります。お腹の調子が良くなると、口臭は改善していきます。

 

他にサプリメントやドリンクにも口臭対策が出来るものがあります。歯磨きをしっかりして菌の繁殖を防ぐことも大切です。歯科医に正しい歯磨きの方法を教わるといいでしょう。

 

あまりに酷い場合は、口腔内そのほかに異常がないか確認してもらうために病院に行きましょう。

 

口腔外科などが、対象となる診療科です。歯科医でもいいのですが医師免許と歯科医師免許の違いがあります。口腔外科の方がやや専門的なのです。

 
2015/08/12 17:34:12 | 口臭対策の注意点
口臭対策で匂いが無くなったという方でも、油断せずに歯磨きや腸内環境の改善をはかってください。口臭の要因になる菌と言うのは、口腔内の場合は、数百種いて、疲れやストレス、月経、不規則な睡眠等によって一気に繁殖する傾向があります。ケアを止めてしまうと、元の状態に戻ってしまうことがあります。口臭対策を習慣づけることが大切なのです。特に注意したいのは歯周病と便秘の予防です。若いうちは腸が便を押し出す力が強いので、多少便秘をしても市販の薬で対応できます。ですが、年齢と共に、腹筋などが衰え、直腸周辺の括約筋も動かなくなってかなり強い口臭や頑固な便秘が起きます。口臭で大体お相手の腸の状態がわかります。見ており...
2015/08/12 17:14:12 | 口臭対策の注意点
口臭対策をしても、他の匂いがしたりしていては台無しです。口臭対策をしないといけないという事は他の粘膜や皮膚にも似たような匂いがすることがあるということです。私はデオドラント剤を使ったうえで、センシャルというムスクやアンバーを使った官能的な香りやダマスクローズやベルガモット等の香水をつけて外出します。よく口臭対策やそのほかの体臭を消すために香水や香り付き柔軟剤を使う方がいますが、実は違うのです。人間は生きものですから特有の匂いがあります。その香りにあっているといいに匂いということになります。日本人は若干薄めの体臭の方が多いようです。香水やそのほかの香りの品は、口臭対策をし、汗などを取ったうえで使...
2015/08/12 16:58:12 | 口臭対策の注意点
また、夜更けまで飲んだのですか。何度知人に言ったか分かりません。日頃のストレスからお酒を飲み、アルコールの変質したアセトアルデヒドの匂いと荒れた胃腸の匂いがプンプンです。こういう場合はシソや菊の花を使ったお茶や蜂蜜を入れたレモネード、お味噌汁を飲むことが口臭対策になることもあります。飲み会に誘われた時は、事前にサラダや、果物を頼んで全員に食べさせます。先に果物と言う風に思われる方が多いかと思いますが、水溶性食物繊維が多く含まれ、胃粘膜を保護しアルコールの吸収を抑える働きがあります。特に柑橘系はクエン酸が含まれるので、唾液が出て口臭対策になります。私が飲むお酒は男性でも飲めないほど強いものです。...
2015/08/12 16:26:12 | 口臭対策の注意点
口臭対策をやたらとする、ずっとサプリメントを探し続けている、こういう状況で周囲は何も言っていないのに口臭がすると言い張るときは必要なのは口臭対策ではなく、カウンセリングが必要です。自己臭症と言って、口臭だけではなく他の匂いも気になっている場合は、強迫神経症の一種だと考えてよいでしょう。昔、交際相手にあちこち匂いをかがれて、甘くていい匂い、何の香水と聞かれましたがそれは女性ホルモンの匂いです。男性も男性ホルモンの匂いがします。このホルモンの匂いで、あった途端に相性がわかるのです。性的魅力のひとつです。口臭対策をきちんとしていて凄まじい匂いがするという事は非常に珍しいケースです。それは医師など専門...
2015/08/12 16:16:12 | 口臭対策の注意点
サプリメントで口臭を予防したいけれど、種類が多すぎてわからないという方も多いでしょう。私はハーブティーは自分で調合しますが専門のお店に行って相談するとお勧めを教えてくれます。薬局もいくつか行きつけがありまして、こういうものが良いというと商品を紹介してくれます。口臭対策のサプリメントを選ぶときは、条件を指定して選ぶということが有効です。例えば予算、高額なものを飲み続けることはできないので、継続して飲むことを考えて探します。インターネット通販で口臭対策のサプリメントを買うときは価格帯も考えておくといいでしょう。後はショップの送料無料の価格やポイント還元率を考えます。サプリメントは継続して飲む物です...
2015/08/12 16:12:12 | 口臭対策の注意点
口臭対策と言葉では簡単に言えますが、れっきとした医学の領域です。よく掲示板等で口臭について相談したりする様子が見かけられます。回答を見ていますと、間違った方法を書いていることもあるので、そういうものはあてにせず、専門家の推奨する口臭対策を行う事をお勧めします。厳密に言いますと、何々が口臭に効くということを強調して医師や薬剤師以外が強調することは医薬的表現と言って薬事法違反になります。軽く牛乳で被膜を作るといいかもしれないはセーフですが、これを飲んだら、口臭が必ず消えるという表現はいささか問題があるようです。私は自宅や知人の間で時にヒーラーのような役割を担います。これは専門家である医師などが教え...
2015/08/12 16:05:12 | 口臭対策の実践
1万円するローズの精油を1本飲んだら口臭対策どころか全身がバラの香りに、こういう方がいます。薔薇の香りやお茶は好きですが、日本ではアロマテラピーの精油を飲む事は禁じられています。ローズのエッセンスは、ミントなどと並んで、口臭対策の品として有名です。今はドラックストアに手ごろなサプリメントが並んでいます。ガムなども口臭対策となりますが、抜本的に改善したいなら、サプリメントを摂取することも視野に入れましょう。乳酸菌、先述したハーブ、そして食物繊維、強肝作用のあるターメリック、ウコンやショウガ、梅丹、オリゴ糖、青汁等口臭対策になるサプリメントは様々です。目的によって、使うものが違います。お酒を飲む前...
2015/08/12 16:00:12 | 口臭対策の実践
口腔内の唾液や胃腸の状態は自律神経の働きによって、左右されます。性ホルモンや、消化液や体の損傷した組織を回復させたり作ったりする代謝もこの自律神経が司ります。自律神経の動きを整えることで免疫力があがったり、消化力があがったりするので口臭対策となるのです。免疫が十分働いていますと腸内ガスを生じさせる大腸菌などを抑え込むことができます。過敏性腸症候群という体と心の不調が原因でお腹が下る、便秘になる病気が日本人の若い方には多いのですが、ストレスが大いにあるようです。具体的にできる口臭対策としては、一緒に食事を食べる人を作るかゆっくり食べる時間を作ることです。たまにひとりで本を読みながら綺麗なカップで...
2015/08/12 15:57:12 | 口臭対策の実践
歯肉炎や口渇感などが口臭と共に出る場合は定期的に歯科医で歯石除去などをしてもらって歯周病の撲滅をはかりましょう。口臭対策は、毎日のケアが大切ですが、それを上手くする自信が無い場合は、歯の磨き方を歯科医に教えてもらうといいでしょう。口臭対策のひとつは歯周病予防ですが、それに有効な歯ブラシや、歯磨き粉、マウスウォッシュも販売されています。適切な歯ブラシの硬さも教えてくれます。磨き方や歯の並びによって硬さや大きさを使い分けることが大切です。親知らずがある方は歯肉炎や虫歯になりやすいので、もし口臭が酷い場合は抜いた方がいいでしょう。日本人は、相当数20代後半までに生えて来るそうです。しっかりケアしない...
2015/08/12 15:53:12 | 口臭対策の実践
歯垢を取り除き、口腔内を清潔にするには、道具をそろえることも大切です。電動歯ブラシを使った方がいいこともあります。口臭対策にもなる歯磨き粉やうがい液がセットになった物もドラックストアで売っています。また、歯を磨くときに奥歯まで見えるように鏡を使いましょう。三面鏡や歯科医師が使う専用の柄がついた小さな鏡を用いるといいでしょう。歯の裏側までみえますので。回転式の鏡もお勧めです。奥歯まで磨き切ることが大切です。また、歯石を自分でとることができる専用の道具もあります。ブラーク、歯垢がたまった後固まった物ですが、菌類が周辺にいますし、歯磨きの邪魔になります。歯茎を傷つけないようにすることが大切です。後は...